飼い犬のしつけについて

飼い犬のしつけというと、まずイメージされるのが「お手」「お座り」「おあずけ」などではないでしょうか。
しかし基本的には犬と人間が気持良く生活を共にするための教育ということなのです。
そういう意味ではトイレや無駄吠えなどのしつけがとても大切になります。
これができないとお互いに幸せではないということになってしまうのです。
飼い犬のしつけは、もちろん飼い主にとっても気持の良い生活ができることも重要ですが、犬にとってもそうでなければなりません。
きちんとしたしつけ方をしてやらないと、ただ怒られているだけで何も分らず不安な毎日を過ごすようになってしまいます。

また飼い犬と飼い主の安全だけでなく、周りの人たちの安全も考えることが必要になるため、噛むこともきちんとしつけることが大切です。
人を噛むのもしつけをしなければ、犬としての役割を果たしているだけなのです。
すべて人を噛む犬はしつけの面できちんと仕付けられていません。
これはみんな飼い主の責任とも言えるのです。

飼い犬にマナーをしっかり教えてやることも、愛犬に対して行うべき飼い主の責任なのです。
上手なしつけは犬の気持をしっかり考えてやりましょう。
犬のいいことは人間にとっての「いいこと」ではありません。
「いいこと」をして無段鳴きもしているのです。
無駄鳴きは犬の本能として備わっているお仕事なのです。

そんな犬の本能を考えて、しつけをすると犬も素直に覚えてくれます。
犬は飼い主に怒られたいのではなく、逆に褒められたいのだということを覚えておきましょう。
褒められたいから良いことをする。
でもその良いことが人間にとっては、悪いことだったりすることもたくさんあるのです。
そこをしっかり教えてやることで、お利口な飼い犬になります。



▽関連情報
人気のトイプードルのしつけの仕方やかかりやすい病気などがわかるハンドブックです → トイプードル きもち

Copyright © 2014 飼い犬のしつけ All Rights Reserved.